Skip to content

住宅ローンの固定金利と変動金利について

家を購入しようとしたとき、多くの人は住宅ローンを利用するでしょう。家はけっして安い物ではなく、一生に一度の買い物という人が多いからです。住宅ローンを利用するときに最も悩むのは、固定金利にするか変動金利にするかということです。固定金利は長期間の金利が一定で、変動金利は短期間に景気の動向に合わせて金利が動く仕組みです。

固定金利の期間は、それぞれの銀行や種類によって様々ですが、3年・5年・10年などと選べるほか、フラット35のように35年間の金利が一定の商品もあります。メリットは景気に関わらず毎月の支払額が変わらないため、安定した生活を送れることと、総支払額の予測が立ちやすいことです。デメリットとして、景気の良いときに契約をして、その後景気が悪くなると、給料が低くなるのに支払額は変わらず大変な思いをするケースもあります。変動金利は景気の動向に合わせて金利が変動します。

そのため契約時に総支払額の予測が立てづらく、毎月の支払額も景気に合わせて変わります。固定金利に比べてもとの金利が低いため契約しやすいイメージがありますが、急激に景気が良くなると、毎月のローンで金利ばかり支払って、元金がほとんど減らないというトラブルもあり得ます。ただし、景気の上昇とともに給料が上がるケースが多いため、それほど大変な思いをしないとも言えます。住宅ローンを考える際には、どういった安心を取るか、家族で相談して決めると良いでしょう。

住宅ローンの固定変動のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です