Skip to content

適切な住宅ローンの借入額の目安を知る

住宅を購入する場合には多くの人が住宅ローンを利用することとなりますが、借入額の設定目安についてお悩みの方も少なくありません。高額の借り入れをした場合には月返済額が負担となり住宅ローンの返済が滞ってしまうおそれがある一方で、安全のために最小限の借入額にとどめた場合には予算不足のために満足の行く物件の購入ができなくなるケースもあります。そこでご自身や世帯の年収を十分に把握していくことが大切となります。借入額の目安を知ることで、適切な利用ができるようになるものですから、まずはチェックをしていきましょう。

一般的には、年間の総返済額が年収の20%程度に収まるようにすることが目安と言われることが多く、この場合であれば年収が500万円の方の場合には年間100万円、月額にするとおよそ8万円程度が適正となります。35年の住宅ローンを組む場合には、借入時の金利にもよりますがおおむね3、000万円前後が借入額の目安と言えるでしょう。購入にあたって不足している分については、頭金で補うこととなりますので、購入希望する物件の価格をよく見極めて貯蓄に励むことも大切です。年収に対する返済比率が大きくなると、生活を圧迫するおそれが高くなりますので、可能であれば20%以下としておくことが安心感に繋がります。

住宅ローンは大きな金額を低金利で借り入れることができる有利な制度と言えますが、扱われる数字の大きさに惑わされずに、きちんと目安を意識して申し込みを行ってください。安心できる住宅ローン計画で、理想のマイホームを手に入れましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です