Skip to content

住宅ローンの頭金の目安について

私たちの人生を振り返ってみると、住宅と大きな関わりを持っているということがわかります。私たちは、生まれてしばらくは親の住宅で生活をすることになります。そのような状況で成長していき、様々な知識を得ていきます。学校にも自宅から通い、長い間生活をすることになります。

その時間が経つと、卒業や就職などということによって親元を離れ賃貸住宅などに住みはじめます。しばらく過ごして、住宅を購入するということになります。その後の人生については、購入した住宅に住み、子供を産み育てていくという形になり、先ほどと同様なことを繰り返すことになってきます。このように、住宅は私たちにとって単に住むというだけではなく、そこで生活を長い間送ると言う役割を持っています。

また購入する際には、金額が大変大きなものになりますので、一括でその費用を支払える人はほとんどいません。そのようなことから、多くの人達は住宅ローンを組んで購入後、長期間にわたりローンの返済を行うことになります。住宅ローンを組む際には、頭金と月々の支払い金額と返済期間を定めなければなりません。ローンの返済期間は通常数十年にわたりますので、その間において問題なく生活ができるようにすることが必要です。

そのような際、これらの金額をどう決めればいいかという目安の額が大変助かります。ただこのような住宅ローンのさまざまな費用についての目安については、ローンを行う人の収入などによって大きく変わってきますので一概には言えない部分があります。ただ一般的に言われているのは、頭金の目安は全体のローンの総額のおよそ2割程度にする方が良いということです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です