Skip to content

住宅ローンでフラット35を選択すると

家を購入したい、あるいは建てたいと考えたとき、多額の現金が必要になります。そのとき多くの人が利用するのが、住宅ローンです。ほとんどの人にとって一生に一度の買い物になるため、ローンを契約する銀行や商品を慎重に選びます。住宅ローンには大きく分けて2つの種類があります。

ひとつは変動金利と言い、景気の動向に合わせて金利が変わる仕組みです。住宅ローンは多くのケースで多額になるため、長期にわたって支払いが続きます。変動金利は契約時に現在の金利しか分からないため、のちに景気が急激によくなると金利も上がり、毎月の支払額が変わってしまったり、支払額が変わらなくても、毎月ほとんど金利分しか返していないというケースになり得ます。もうひとつは固定金利と言って、初回に契約した金利が一定期間継続する商品です。

3年や5年、10年単位のものもありますが、その中でもフラット35は超長期固定の住宅ローンです。通常、住宅ローンは35年で支払いが完了するようになっています。その間の金利が一定というのがフラット35の大きな特徴です。フラット35にするメリットとして、毎月の支払額が一定で、総支払額が最初から判明しているため、今後の生活の予定が立てやすいと言えます。

ただし、急激に景気が悪くなり給料が減ってしまっても、契約時の金利が継続してしまうので気を付けましょう。フラット35は銀行による扱いではないため、銀行のローンとも比較して選ぶと良いです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です