Skip to content

住宅ローンのフラット35には利用条件があります

金利が固定されていて最長で35年間の返済期間を設定できるフラット35は、数ある住宅ローンの中でも人気が高い商品になります。住宅ローンの利用を検討する場合は、誰でも一度は候補にして考えたことがあると言っても過言ではないでしょう。しかし、検討する際に注意しておくべきこともあります。どうしても金利に気持ちが行ってしまい、その点で他の住宅ローンと比較することで満足してしまいがちですが、フラット35を利用するにはさまざまな条件があるので該当していなければ利用出来ないことも頭に入れておきましょう。

フラット35は住宅ローンですから、住宅の購入以外には利用することは出来ません。当たり前のようですが、住宅の定義について理解出来ていない人もいるので確認しておきましょう。この場合の住宅とは居住用の家屋のみを対象としていて、購入後に賃貸をするための住宅は含まないので注意が必要です。投機目的での購入も対象外になります。

具体的に言うと、購入後に購入価格以上の価格で転売して利益を得るための購入資金として利用することは出来ないということです。居住用という条件は購入者が居住することが原則ですが、親族が住むための家に関しても対象になる場合もあります。例えば両親が暮らすための家の購入に利用することは可能で、この場合は同居することが条件になるわけではありません。親孝行として家をプレゼントする場合にもフラット35は利用出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です