Skip to content

フラット35は金利が変動しない住宅ローンです

住宅ローンは各金融機関からさまざまな商品が提供されています。利用する際には、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも多々あります。そんな中でよく聞く名前がフラット35です。最も有名な住宅ローンの一つと言えますが、具体的にどのような仕組みになっているのかを賢く利用するためには知っておかなければいけません。

フラット35のフラットは金利が一定であることを意味しています。金利をグラフで表した場合に、横一線に平らな形になるので平らという意味の英語であるフラットが付いていると考えられます。更にフラットはイギリスではマンションの一室を表す英単語としても使われているようで、それに掛けているという説もあります。いずれにしても借りた時の金利が完済に至るまで変わることがないタイプのローンであることを示しています。

フラット35の35という数字の意味は、住宅ローンの返済期間を最長で35年まで設定できることを意味しています。金利は市場において変動しているので35年後の金利は専門家でも予測することは難しくなります。市場金利がどれだけ上昇したとしてもフラット35を選択しておけば、住宅ローンの金利は完済するまで上がることはありません。金利が低い時期に利用すれば得をする可能性が高くなります。

もちろん、市場金利が住宅ローンの契約時より更に低くなれば、高めの金利を支払うことになる可能性もあります。一般的に市場金利が低くなっていると評価できる時に利用すると得なシステムだと言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です