Skip to content

住宅ローンの必要書類は仮審査と本審査で違いがある

住宅ローンの契約をするためには、事前に審査を受けておかなければいけません。審査を受けて貸し付けが可能と判断された場合にのみ、融資が実行されることになります。審査には仮審査と呼ばれるものと本審査と呼ばれるものがあり、それぞれに必要書類を用意しなければいけません。仮審査はあくまでも住宅ローンが実行可能か否かの目安でしかないので、必要書類も本審査に比べて少なくなります。

金融機関によって違いがありますが、必ず求められるのが本人確認書類です。本人確認書類には運転免許証やパスポートなどが含まれます。写真付きのものが要求されることが多く、有効期限内であることも条件になっていることが多いです。本人確認書類以外には、購入を検討している物件に関する情報の提供を求めてくる場合もあります。

具体的には対象になる住宅が掲載されているチラシなどが含まれます。更に収入を証明できるものを要求してくる金融機関もあります。本審査は住宅ローンの実行を決めるための審査なので、仮審査に比べて必要書類も多くなります。本人確認書類として住民票が要求されます。

住民票には有効期限はありませんが、発行後三カ月以内のものを求められることが多いです。収入に関する証明は、仮審査で求められていたかどうかに関わらず提出する必要があります。会社員などの給与所得者と事業者とでは提出書類に違いがあるので要注意です。後は不動産売買契約書などの購入物件に関する書類も必ず求められることになります。

住宅ローンの必要書類のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です