Skip to content

住宅ローンの審査や契約で用意するべき必要書類

住宅ローンの事前審査での必要書類は、サービスの種類や申し込みの内容によって違います。家族で年収を合算して組む場合、配偶者が保証人になるなど様々なケースによって準備しなければならないものは異なるのです。スムーズに対応して貰うためにもどのような書類を提出しなければならないのか確認して、申し込み時に渡せるようにしましょう。金融機関側が用意しているのは、事前審査の申込書だけです。

その他の本人確認や年収証明書などは、本人が揃えておきましょう。また具体的な資金計画や間取りなどもあると、すぐに受け付けてくれます。本人確認は運転免許証や保険証、パスポートなどが有効です。年収を確かめるものは源泉徴収票や確定申告書、住民税決定書になります。

勤めている会社によっては必要書類の発行に時間が掛かることもあるので、早めに申請することも忘れてはいけません。本審査のときには事前に提出したものに加えて、世帯全員の住民票や物件確認が出来る資料が必要書類です。物件確認のためのものは売買契約書や重要事項説明書、工事請負契約書や検査済み証、建築確認や申請書も対象になります。購入する物件の種類によって違いがあるので、金融機関側に必ず確認しておくようにしましょう。

住宅ローンの契約を結ぶときには、印鑑登録証や入金口座が分かるものも出します。出入金の状態が分かる口座にして、きちんと住宅ローンが返せると証明することも求められるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です