Skip to content

住宅ローンの仮審査と本審査の必要書類

住宅ローンの本審査では、借入時年齢および完済時年齢、健康状態・担保価値・年収・勤続年数・連帯保証・金融機関の営業エリア・返済負担率などの項目を重視するといいます。住宅ローンの審査は申し込みをすると仮審査が行われるのですが、仮審査で金融機関および保証会社が確認することは主に利用者の返済能力です。借入希望額を申込書に記載しますが、この金額で滞りなく返済ができるだけの収入があるのか返済比率をチェックし、他の借入の有無や個人信用情報機関の情報に懸念点がないのか、これの確認と物件チラシなどを使って簡易的な担保評価も行います。仮審査のときの必要書類は、本人確認書類として保険証や運転免許証、収入の確認のための前年度の源泉徴収票です。

住宅ローンの本審査は、物件の売買契約を締結した後に行われるもので必要書類の数も多くなります。例えば、公的書類として印鑑証明書および住民票、売買契約書や重要事項説明書などの物件関係の書類、新築住宅などの場合は工事請負契約書や建築確認申請書なども必要です。公的書類は役所に出向いて交付を受ける必要がありますが、基本的に発行から3か月以内のものを提出することになるのであまり早い段階で取り寄せないことも大切です。ちなみに、物件関係の書類も必要書類に含まれるわけですが、これは原本が必要になりますので持ち歩くときなどは落とさないように注意が必要です。

それと、印鑑証明書を提出することになるので実印も忘れないようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です