Skip to content

住宅ローン契約時の必要書類

マイホーム購入の際には、住宅ローンを利用するのが一般的です。お金を借りることや、契約書にサインをする機会がそれほど多くないので、何が必要かわからないことが多いです。その日になって書類がないとなると、ローンの実行が遅れて入居ができなくなるだけでなく、さまざまな控除や税金も変わってきてしまうことがあるので気を付けましょう。まず仮審査での必要書類は、運転免許証やパスポートなど、融資を受ける人の身分を証明する書類です。

次に融資を受ける人の源泉徴収票です。収入が分かるものであれば問題ないこともあります。自分で確定申告をしている場合は、確定申告書類も持っていきましょう。3つめに、不動産売買契約書と重要事項説明書など、土地や建物など不動産の売買をすることを証明する書類です。

土地や建物のチラシで良い場合や、建物の図面が必要なこともあります。本契約の際には、仮審査での必要書類とともに、印鑑証明書に登録された実印と、引き落とし口座としての銀行通帳、住民票の写しが必要です。銀行通帳は通常、住宅ローンを組む銀行の通帳が必要です。通帳はその場で作ることもできますが、実印の作成と印鑑証明の登録には時間がかかる場合があるので、持っていない場合は事前に準備しておかなければなりません。

他にも、住宅ローンの融資を受ける際に連帯で組んだ場合は、銀行によっては別途必要書類がいる場合もあるので、メモをして忘れないように準備しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です