Skip to content

住宅ローンの固定金利と変動金利の違いについて

家を購入する時にほとんどの人が住宅ローンを利用すると言っても過言ではありません。住宅は非常に高価な買い物なので、上手に住宅ローンを活用する必要があるでしょう。選ぶ金利によって毎月のローン返済額や最終的な総返済額が変わるので、自分に合った方法を選ぶのがおすすめです。金融機関の担当者と相談しながら、家計にとって無理のない返済計画を立てるのが良いかもしれません。

住宅ローンの代表的な金利形態が、固定金利と変動金利です。固定金利は契約時に将来の金利も決定するのに対して、変動金利は毎月そのときの金利水準に応じて住宅ローン金利が変化するのが特徴だと言えるでしょう。どちらもそれぞれメリットとデメリットがあるので、急いで決まるのではなく契約前にじっくりと比較検討するのがおすすめです。シミュレーションを作成してもらうこともできるので、具体的な返済のイメージを膨らませながら決定していくのが良いでしょう。

固定金利の最大の魅力は、金利が一定なので毎月の返済額が安定することです。市場の金利が高くなったとしてもローンの返済額は一定なので、家計管理がしやすい点から多くの人たちに選ばれてきました。一方で契約したときの金利が高いと、将来市場の金利が下がってもその恩恵を受けられないというデメリットもあります。変動金利は毎月の返済額が変化する一方で、金利が下がったらその恩恵を享受することができるというメリットがあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です