Skip to content

住宅ローンにおける固定金利と変動金利の違い

家を購入する時に住宅ローンを利用する人は多いでしょう。住宅は高価な買い物なので、住宅ローンの金利選びも重要です。選択した借入形態によって総返済額が大きく変わることもあるので、きちんとシミュレーションしたうえで自分に合った方法を選ぶのがおすすめです。住宅ローンの金利は固定金利と変動金利から選択できるようになっているのが一般的で、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

固定金利は毎月の返済額が一定になるので、家計管理をしやすいのが利点です。経済動向の変化による金利水準の変動にかかわらず、一定の金額を返済すれば良いので安心できるでしょう。一方で契約したときの金利水準が高いと、総返済額が大きくなってしまうのが固定金利の難点です。変動金利は現在の日本のような低金利の水準であれば、非常に低い金利で住宅ローンを利用できるのが最大のメリットだと言えるかもしれません。

しかし今後金利が高くなった場合には、毎月の返済金額も増加してしまうので家計の負担が増加するのがデメリットだと言えます。今後の経済動向の予想や自身の家計管理計画などを踏まえたうえで、より自分に合った返済方法を選択するのが大切です。住宅ローンの金利を選ぶときは、固定金利と変動金利の両方のパターンでシミュレーションしてみるのが良いかもしれません。金融機関の担当者としっかり相談したうえで、家計管理における無理のない返済計画を立てることが必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です