Skip to content

住宅ローンは固定金利と変動金利から選択

住宅を購入する際、多くの人が住宅ローンを利用します。住宅は高額な買い物なので、現金一括で支払いできるという人はあまり多くないでしょう。ローンを上手に活用して、無理のない返済計画を立てることが大切です。住宅ローンを利用したい場合は、銀行で所定の審査を受ける必要があります。

その際に利用したい住宅ローンの内容について様々な項目を選択しますが、その一つとして金利の選択が挙げられるでしょう。固定金利と変動金利から選択することができ、それぞれに長所と短所があるのでよく比較した上で検討するのがおすすめです。固定金利のメリットは毎月の返済金額が安定することです。家計のやりくりをする上でローンの返済額が決まっていると、計画を立てやすくて役立つかもしれません。

一方契約時に将来の金利まで固定してしまうので、経済の状況によっては高い金利を払い続けることになってしまう可能性があります。変動金利であれば将来的に金利が下がればその分の値下がりも享受することができるのがメリットです。ただし毎月の返済額が一定ではないので家計管理が大変かもしれません。また金利が上がってしまった場合には返済額が増えることになるので、そうした可能性があることもきちんと理解した上で契約する必要があります。

様々なメリットとデメリットを比較した上で、自分に合った住宅ローンを利用するのがおすすめです。金融機関によっては固定金利と変動金利を組み合わせて利用することができるなど、色々な契約形態が準備されています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です