Skip to content

固定金利型はと変動金利型の住宅ローンの選び方

念願のマイホームを建てる、あるいは購入するとなった時、一番悩むのはお金の問題でしょう。ほとんどの場合、新築住宅の価格は自動車よりも高く、現金一括で購入できる人はかなり少ないでしょう。マイホームの購入のために、多くの人が銀行などから住宅ローンで融資を受けることになります。銀行の住宅ローンを選択する際に、固定金利型と変動金利型がありますが、どちらを選ぶべきか悩む人が多いです。

変動金利型は景気の動向によって金利が変わっていくもので、こちらが基本となることが多いようです。固定金利型とは、住宅ローンを契約した時点の金利が一定の期間の間継続するもので、3年・5年・10年など、銀行によってその期間はさまざまです。一般的に変動金利のほうが契約時の金利が安い傾向があります。メリットとデメリットでいうと、例えば固定金利型は長期間の金利が変わらないわけですが、景気の良いときに契約してその後の景気が悪くなってしまった場合でも、景気の良いときの金利のままのため、損をする可能性があります。

一方変動金利は、景気が良くなると金利が上がってしまうため、毎月の返済額が変わってしまって返済が滞ったり、利息ばかり支払って元金があまり減らないということもありえます。どちらがお得かということは言えないので、現在の景気と今後の景気の動向、また自分たちの生活の変化を想像して、どちらにすると安心で変化があっても対応できるかで選ぶと良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です