Skip to content

住宅ローンの頭金はいくらぐらい必要なのか

家は高額な買い物ということもあり、一括で購入できる人は少ないといわれています。多くの場合は長期の住宅ローンを組んで、それぞれの収入に応じた無理のない金額で返済をすることになります。そして、住宅を購入するときは全額をローンにするということは少なく、頭金を用意することが一般的です。これは住宅を購入する際にはじめに自己資金で支払うお金のことです。

頭金を入れるメリットでは、借り入れ額を減らすことができることがあげられます。借り入れ額が少なければ総返済額も少なくなりますし、毎月の返済額も少なく抑えられます。支払いは手持ちの預金などからすることになりますので、家の購入を考えている場合はしっかりと貯めておきたいものです。住宅ローンを支払うときは、金利も発生します。

支払い期間が長くなれば、それだけ多くの金利も支払うことになります。その点、頭金を入れておけば返済期間も短くなるので支払う金利も少なく済みます。頭金を多く入れておけば、その後の住宅ローンの返済も楽になるというイメージもありますが、支払い過ぎると生活に影響が出る可能性もあります。子供の誕生や教育などでも多くの費用が発生しますし、入院などの予期せぬ出費が発生することもあります。

このようなことも考えて、頭金の金額も考えていきたいものです。そして、家の購入には、様々な諸費用も発生しますので、そのことも忘れないようにしましょう。諸費用には登録免許税や不動産取得税、仲介手数料など様々な出費があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です