Skip to content

住宅ローンを利用する場合の頭金の割合

長期間の返済が必要となる住宅ローンですが、月返済額を低く抑えることや返済期間を短縮することが可能となる「頭金」の存在は大変重要なものとなります。住宅を購入する場合には、一般的には住宅ローンの契約を行うこととなり、借入金額と返済プランを入念に詰めていく作業が必要となるものです。このときに自己資金が少ない人の場合には、全ての費用を住宅ローンで賄ういわゆる「フルローン」を組むケースも見られます。収入や返済年数を総合的に考えて無理がないようであれば、もちろんその選択も有りと言えますが、余裕を持って返済を継続していくことを可能とするためには、一定水準の頭金を用意しておくべきでしょう。

物件価格の2割前後を頭金の目安とすると良いので、住宅購入をお考えの方はまずその水準まで自己資金をためておくことがおすすめです。5、000万円の物件を購入する場合を想定した場合、頭金を2割とする基準でおよそ1、000万円が目安となります。これだけの金額を用意しておけば、月々の返済額を低く抑えることができ、返済年数も短くすることが可能ですので、住宅ローンの返済に行き詰まってしまうことを防ぐことも可能となるでしょう。もちろん、支払ったら手持ちの現金がほぼなくなってしまったというケースでは、突発的な出費に対応できなくなるなどの事態になってしまうかもしれません。

そのため、自己資金を全額頭金につぎ込んでしまうのではなく、ある程度の出費に耐えられる分は必ず残しておくことを念頭に、住宅ローンを取り扱う金融機関と相談をしてみることが得策です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です