Skip to content

年収から考える住宅ローンの借入額について

マイホームを購入するために住宅ローンを検討する人は多いと言われています。住宅は数千万円もする高額な買い物であることが多く、現金一括で購入できる人ばかりではありません。そこで住宅ローンを上手に活用して、夢のマイホームを手に入れるのがおすすめです。自分の収入から考えて無理のない範囲での返済計画を立て、計画的に返済していくのが最善だと言えるでしょう。

その人の年収によって適切とされる住宅ローンの借入額は異なりますが、一般的には年収の7倍から8倍が借入限度額の目安とされることが多いです。例えば年収1、000万円の人であれば、7、000万円から8、000万円までは借り入れすることができるかもしれません。しかしこれはあくまで限度額の話なので、もう少し余裕を持って年収の5倍から6倍程度の借入額にとどめておく方が無理のない返済計画を立てやすいとされています。銀行の担当者に相談して、返済シミュレーションを作成してもらうとイメージしやすくなるのでおすすめです。

住宅ローンは何百万円から何千万円といった大きな金額を借り入れすることになるので、返済期間が長期間にわたることが多いかもしれません。長い人生の中では病気やケガなど不測の事態に陥って働けなくなり、収入が減少してしまう可能性もあります。そうした時に返済額滞って慌てることがないよう、借入額を無理のない範囲にとどめておくことや貯金をしておくことが重要だと言えるでしょう。住宅ローンの年収のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です