Skip to content

年収に対する住宅ローン借入額の目安

住宅は非常に高額な買い物で、安いものでも数百万円はしますし高いものなら数千万円から数億円にものぼります。それだけのまとまったお金を一気に準備できる人はあまりおらず、多くの人が住宅ローンを活用してマイホームを購入しているのが事実です。自分の収入に対してどれくらいの金額まで住宅ローンが利用できるのか、大まかな目安を知っておくことは非常に参考になるかもしれません。購入したい物件が手の届く範囲なのか考える上でも、重要な判断ポイントとなるはずです。

一般的には年収に対して7~8倍程度の金額が借入限度額と言われており、年収500万円の人なら3、500万円から4、000万円程度までの金額が目安になるとされています。もちろん同じ年収でも勤務先によって信用度が変わり審査結果に影響をもたらしますが、おおよその参考にはなるので役立つかもしれません。より具体的な金額が知りたい場合は、ある程度購入したい物件の目処が立った時点で銀行に相談して事前審査をしてもらうのがおすすめです。借入限度額いっぱいまで住宅ローンを利用すると、毎月の返済が大変になってしまう可能性があるので注意しておきましょう。

購入物件の金額を下げたり頭金を準備したりして、年収の5~6倍程度までに借入額を抑えておくのがおすすめです。長期間にわたる借り入れなので、時には収入が下がることもあるかもしれません。そうした不測の事態に陥った時でも慌てずに済むように、きちんとシミュレーションしておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です