Skip to content

住宅ローンの本審査に通過するための条件とは

住宅を手に入れる場合、ほとんどの人は住宅ローンを利用すると言われています。その理由は、住宅を購入するときの年齢あるいは建築するときの年齢はおよそ30代前後となっており、たいていの家庭では住宅を一見手に入れるほどの収入がないといえます。それだけの預貯金があれば良いですが、普通はそこまでのお金はありません。そこで国は、1970年代の住宅ローンの仕組みを整えました。

これを利用する場合、審査を受ける必要がありますが住宅ローンの審査が2回あり仮審査と本審査があります。仮審査の段階で通れば8割がた本審査を通過すると言われていますが、必ずしも通過するとは限らないため注意が必要です。ではどのような時、本審査に落ちてしまうのでしょうか。これに関してはいろいろな考え方があり、公にしていない金融機関がほとんどになりますが、過去に金融機関に勤務しておりそのような仕事をしていた人たちの話からすれば、まず債務整理などをしている場合は借り入れができません。

加えて、現在他のところから借金をしている場合も、借り入れができないとは限りませんがかなり借り入れ額が減少すると考え中です。それ以外に注目するべき事は、収入になるかもしれません。収入が低いと借り入れができないわけでは無いものの、収入によっては金額が少なくなります。そのため少し無理をしてたくさんの金額を設定しない方が良いでしょう。

あくまで、その人の収入の範囲内で金額を設定し、確実に審査に徹したほうが良いといえます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です