Skip to content

住宅ローンの本審査とその流れ

自宅は一生に一度の買い物と言われるくらい、非常に大きな出費を伴う買い物です。大きな出費を伴うからこそ、現金一括で購入できる人はあまりいません。多くの人が住宅ローンを活用してマイホームを購入しています。住宅ローンを利用するには事前に審査をしてもらい通過しなければならないので、自宅を購入する計画がある人は早めに銀行へ相談しておくのが良いかもしれません。

住宅ローンの審査には、大きく分けて事前審査と本審査の2種類が挙げられます。事前審査では購入する物件の資産価値やローンを組む人の年収・職業などの項目がチェックされます。借入額の限度としては年収の7~8倍程度の金額が目安とされているでしょう。金融機関によってはもう少し厳しい基準を設けているところもあるので、事前に確認しておくことが大切です。

事前審査を通過したら、次は本審査が待っています。本審査ではより厳密な審査が実施されるので、複数の書類を提出する必要があり結果が分かるまでの期間も少し長くなります。一般的に事前審査なら3~4日程度あれば結果が分かるところが多いのに対して、本審査は1~2週間程度の期間が掛かるところが多いです。住宅ローンを借りる人の源泉徴収票や印鑑証明書なども準備しておかなければならないので、時間には余裕を持って手続きをしておくのが良いかもしれません。

事前審査を通過しても必ず本審査に通るわけではないので、きちんと提出書類を確認して不備のないようにしておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です