Skip to content

住宅ローンの事前審査と本審査について

マイホームに憧れを抱いているという人はたくさんいるかもしれません。しかし非常に大きな出費を伴うので、慎重に考えて決断しなければなりません。現金ですべて支払えるという人はあまり多くないので、住宅ローンの利用についてもきちんと考えておく必要があります。自宅を購入する際に金融機関で住宅ローンを利用したいと考えているのであれば、ある程度ほしい物件の目途が立った段階で早めに銀行などの金融機関に相談を開始しておくのがおすすめです。

実際に住宅ローンの借り入れを行うまでには事前審査と本審査の2段階のステップが必要なので、時間には余裕を持って手続きを開始するのが良いでしょう。まず仮審査では購入・建築予定の物件に関する資産価値や、住宅ローンを借り入れする人の年収などを判断材料として審査を行います。事前審査に通過すれば本審査に進むことができますが、必ずしも本審査に通過するという訳ではありませんので注意が必要です。住宅ローンの本審査では源泉徴収票や印鑑証明書といった必要書類を準備したうえで、金融機関からより厳密な審査をしてもらうことになるでしょう。

借入限度額の目安としては、年収の7~8倍程度と言われています。無理のない返済計画を立て、多少収入の減少があっても返済できるのような少し余裕のあるプランにしておくのが安心かもしれません。またその他に多くの借り入れがあると審査結果に影響をもたらす可能性があるので、注意しておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です