Skip to content

フラット35は金融機関によって金利が異なります

フラット35は政府系の金融機関と民間の金融機関が提携して提供するサービスです。全期間固定金利型の住宅ローンであり、各金融機関によって金利に違いがありますが借入時に返済額が決定される点は共通しています。市場における利子率が変動しても返済額に影響はなく、完済までに必要な全てのコストが借入時に分かるというメリットがあります。新築住宅を購入する場合だけでなく中古の戸建て住宅やマンションを購入する場合、リフォームや借り換えを行う場合など用途に合わせたサービスが存在します。

フラット35は様々な金融機関が取り扱っていますが基本的な特徴はいずれも同じです。金融機関の中には独自に低い金利を設定しているものや、事務手数料を安く抑えているものなどがあります。各金融機関によって必要なコストが大きく異なるので、事前に調べて比較検討することが大切です。フラット35は一般的に買取型と呼ばれていますが、利子率が安く設定されている保証型も存在します。

なるべくコストを安く抑えたいのであれば保証型を中心に探すのがおすすめです。例えば頭金を1割以上用意してある金融機関の買取型を利用すると利子率は1.530%ですが、保証型だと1.460%と安くなります。保証型を利用するには最低でも1割以上の頭金を用意しなければなりません。頭金がない場合には保証型を利用できないので、民間金融機関が提供している全期間固定型の住宅ローンを検討するとよいでしょう。

事務手数料も金融機関によって異なっており総合的に考慮して条件のよいものを選ぶ必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です