Skip to content

住宅ローンの借入可能額は月々の返済額から導き出そう

住宅ローンの借入可能額は、年収の7倍や8倍などで分かるといわれているけれども、審査を受けると年収の7倍よりも低い金額になっていたなどの経験を持つ人も多いのではないでしょうか。融資をしても返済ができなくなれば金融機関側も困りますので、申し込みした人の返済能力を審査を行って利息を含めて返してくれることが基本です。この返済能力は、無理をしなくても返すことができる金額を設定することです。例えば、10万円なら無理しないで返していけるけど、12万円になると少し無理が必要になるなど預金ができるくらいの余裕が必要です。

仮に、現在の住まいが賃貸のときなどは現在の家賃が無理なく支払いが出来ているのならその金額から住宅ローンの借入可能額を掲載することもできます。順序としては最初に年収で住宅ローンの借入可能額を計算しておいて、月々の支払額を計算します。後は、金融機関のホームページにある返済シミュレーションを使って試算します。このとき、借入可能額で計算するのではなく月々の支払い額とボーナス月の金額を入力して行えるシミュレーションを使います。

毎月の金額は無理のないものなので、後はボーナス月の支払い額を決めておけば簡単に住宅ローンを組むときの金額を導く出せます。最終的に、最初に計算してある年収の7倍などの金額とシミュレーションを使って導き出した金額を比較することで、適正な住宅ローンの借入可能額を把握することができるようになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です