Skip to content

住宅ローンの借入可能額を決めるときのポイント

マイホームを購入する人の多くが預金をしていて頭金を用意している、中には頭金もなくマイホームを購入する人もいるけれども、住宅ローンの借入可能額の範囲内であればこのような方法でも念願の家を買うことができます。一般的に、住宅ローンの借入可能額は年収の6倍や7倍などのようにいわれているので、自分の年収からその金額を計算することができます。例えば、年収が600万円の場合は3、600万円から4、200万円が住宅ローンを組むことができる金額の上限になるわけです。しかし、年収600万円の人の借入可能額は必ずしも3、600万円から4、200万円になるわけでなく、ローン審査に通過できないこともありますし、大幅な減額が行われることもゼロとはいい切れません。

審査に落ちてしまう理由には、過去の借金で金融内でのトラブルを起こしたことがあるなどが挙げられます。例えば、借金をしていたけれど返済が滞ったことがあったり、債務整理をしたことがあるなど金融ブラックの状態になっていると審査に落ちることになるので注意が必要です。減額される場合は、勤続年数が金融機関側が定めている年数よりも短いとか会社の経営状態があまり良くないとか、勤務先の状況もローン審査に関係してくることもあります。なお、3、600万円の住宅ローンを借り入れることができるとなったとき、その金額を返済することができるのか否か、シミュレーションをすることが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です