Skip to content

知っておくべき住宅ローンの借入可能額

家を新築する際に認識すべきことのひとつに、住宅建築に必要な総予算の把握があります。支払いに要する金額に借入金が含まれる場合には、その総額の中でも一般的に高い比率を占めることが多くなります。注文住宅での建築となれば敷地を予め決める必要もあり、その取得費用も資金計画に盛り込まなければなりません。敷地の問題はない方であったとしても、全体像を推し量るためにも疎かにはできない内容となります。

その、借入金として最も多くの方が利用されるのが、金融機関が取り扱う住宅ローンになります。融資される金額は多額となりますので、その審査や借入可能額の判断は決して簡単なものではないのです。そして、その金額により取得できる土地代金や建物の総額も変わってきますので、事前に自身が融資を受けられる額を知っておく必要があります。その借入可能額は住宅を建築する時の年令や年間の所得額に、返済する期間と方法や金利を知る事で予測できるのです。

例えばローンを組む時の年令が若いほど、一般的にではありますが年収は低くなります。この年収が低くいなれば毎月の返済可能な額も下がり、同じ返済期間では借入可能額も少なくなってしまいます。一方、年齢が高くなれば所得は多くなるため、融資の総額は多くなりますが返済期間には不利益が生じます。これは、返済完了時点での年齢に制限があり、融資額が同じであれば若年層の方より早く返済する必要があるからです。

他にも住宅ローンの金利も大きく影響しますので、融資を受けられる金額は事前に専門家に相談すべき内容になります。その金額に応じた支払い可能額を知り総予算額も検討可能になりますが、その予算額とは新築の建物に入居してからの生活歩の考慮も欠かせません。家を新築するためにも問題のない新生活を送るためにも、適切な予算組みは必須となります。そのためにも住宅ローンでの借入可能額は事前に理解しなければならないのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です